ジムでもプレイ可能? Zwiftでランニングしようぜ!

SPONSORED LINK

おもな趣味は自転車なんですが、去年くらいからランニングもはじめました。
仕事柄出張に行ったら一週間くらい帰ってこないことが多いので、すぐに体がなまっちゃうんですよねー。


そんなこんなで、出張先にはランニングシューズ持参して、早く仕事が終わったときや、早朝に5キロから10キロくらい走ってます。


https://www.instagram.com/p/BbRC_8Oh0oS/
週末のシクロに向けて出張先で悪足掻き🏃💨途中雨かと思ったら雪降ってきた⛄️😨#ビジネストリップランニングクラブ


この辺もそのうちブログにしようと思ってますが、


実はZwiftはランニングでもプレイできますよ!


というわけで、プレイするために必要なものなどをまとめてみました。


普通に自転車でZwiftをはじめたい方はこちら
hosh.hatenablog.com



目次




1.最低限必要な機材


ソフトのインストールやアカウント作成は上の記事の流れでやっていただければ特に問題ありません。


自転車版を普通にプレイしている方は機材だけ揃えればすぐにでもプレイできます。
公式によると


f:id:HOSH:20180224152224p:plain

ランに必要なもの
家にいても、ジムにいても、始めるのは簡単。必要なのはトレッドミルとフットポッド、そしてZwiftを動作させる端末だけ。またはBluetooth対応のトレッドミルを利用するとよりシームレスな体験に。


youtu.be
公式によるHow to動画です。


まとめると

  • トレッドミル
  • フットポッド
  • Zwiftを動作させる端末

が必要みたいです。

2.トレッドミル


最近までトレッドミルってなんだ?
って思っていたんですが、要はルームランナーですね。


家庭にトレッドミルがある方ってどのくらいいるんでしょうか?w


でも梅雨でも冬でも気にせず走りたいって方は一台あると便利かもしれませんね。
というわけで、安価なトレッドミルや公式推奨のBluetooth対応のトレッドミルを紹介していきます。

2.1.安価なトレッドミル


アルインコというところから出ているトレッドミルは安価で良さそうなんですが、よくよく見ると連続使用時間が30分になっているものがほとんどっぽいので注意が必要ですね。

こっちのBARWINGというメーカーものはもう少し連続使用時間が長くて、タブレットを置く場所があるらしいのでZwiftに向いてるかもしれませんね。


ただいずれも最大の速度が決まっている様なのでその辺も注意が必要です。


そもそも30分しか走れない様な製品ってどうなのかと思いますが、、。

2.2.高価なトレッドミル


公式のサポートを見ると

  • BowFlex BXT116/BXT216 treadmills
  • Any StarTrac treadmills with a Bluetooth button
  • LifeFitness T3 home treadmills
  • True Fitness Performance 300
  • Technogym MyRun treadmill

これらがBluetooth対応で公式おすすめのトレッドミルらしいんですが、国内ではなかなか手に入らなそうなものがほとんどみたいです。
値段もなかなか、、、。


MYRUN TECHNOGYMというのが日本のアマゾンで見つかりましたが値段が、、。



あとはAmazon.comにいくと、もう少しありましたがやっぱり高いですねー!


どうしても欲しいって方はぜひ。


ちなみにAmazon.comからのお買い物方法はこちら
hosh.hatenablog.com


3.フットポッド


自転車で言うところのケイデンスセンサーでしょうか?
これも必要になるそうです。


公式おすすめがこちら

 ・Stryd footpod
 ・Stryd Live footpod*
 ・ MilestonePod
 ・Polar Stride Sensor Bluetooth Smart [並行輸入品]
 ・ Garmin


上の2つは軽く調べましたが日本に入ってきてなさそうです。


下の3つは日本でも手に入りそうですが、ここでもBluetoothとAnt+の規格の違いが出てきますので十分に注意してください。
この辺については自転車版と同じだと思いますので、下の記事を参考にしてみてください。
hosh.hatenablog.com




4.Zwiftを動作させる端末


PCやiOS端末のことです。
これも自転車版の機材を紹介した記事を参考にしてもらうとわかりやすいかもしれません。


トレッドミルに置くことを考えるとiOS端末がいいかもしれません。
そしてそうなるとフットポッドもBluetoothが便利ってことに。

5.現実的に家でやるの無理じゃない?


元も子もないんですが、トレッドミルを用意することを考えると自宅でプレイってあんまり現実的じゃないですよね、、。
それともガチのランナーさんは必ず持っているものなんでしょうか?


そんなわけで


Zwiftのランニング版はジムでプレイしよう!


という結論に至りました。


  1. スポーツジムの会員になる
  2. ZwiftをインストールしたiOS端末を用意する
  3. Bluetoothのフットポッドを装着したランニングシューズを用意する
  4. 心拍センサーもあれば装着
  5. Zwiftのアプリを起動してジムのトレッドミルをはじめる


これが一番簡単な気がしますw