North Wheelie Classic 2018春

SPONSORED LINK

GWに入り札幌市内でも徐々に桜が咲き始め、所々でお花見やらBBQをしている様子がチラホラ。
しかしお花見はいいんですが、せっかく綺麗に咲いた桜の下でわざわざ焼き肉する意味はあるんですかね、、?


まあ、いいか。


さて、今回は【North Wheelie Classic】と題し久々にNorth Wheelieがまとまった人数でライドしてきた模様をご紹介します。


目次

North Wheelie Classicとは


特に定義はありませんが、ロードレースにおけるクラシックになぞらえ、通常のライドでは乗らないような距離、場所が設定される事が多いです。


過去にはファンライドと言って誘った初対面のノブティさんとのライドが200kmオーバーの獲得標高2000mくらいという事もありました。


www.instagram.com
確かこのとき。
みんなの着ているジャージとか色々懐かしいですね~。



しかしファンライドって言ってていきなり200km超えの山岳コース走らされたら普通の人なら怒るよなw



服装など


今回も難しかった。
出発頃は5℃前後、帰りくらいには15℃くらい?

  • ジレ
  • 半袖ジャージ
  • アームウォーマー
  • ニーウォーマー
  • メリノベースレイヤー


風はそんなにないし、朝だけ我慢すれば大丈夫だろうと思ったんですが、その朝が途轍もなく寒かった。
集合場所につくまでには腕と手の感覚がお亡くなりになっていました、、。


もう要らんだろ!と思ったシューズカバーも必要でした。
反省。


いざ出発


集合場所へは6時集合。
しかし家からは20km以上あるので、念のため1時間前には家を出ます。


そしたら、まーーー!寒いこと寒いこと。
腕もビリビリするほど冷え切ってしまいました。


セイコーマートで待ち合わせ


寒さに耐えなんとか集合場所へ到着。
そこからみんな徐々に集まってきました。


わたしが一番薄着だろうと思っていましたが膝を出しているメンバーもいました。
序盤は止まるたびに震えてましたが!


街中を抜け農道へ


車の少ない農道ではぐるぐるローテーションを回して走りましたが、乗り遅れると果てしなく引き離されてしまいそうだったので必死に走りました。
この辺の粘り強さは冬場のオフトレ(Zwift、クロカンスキー、トレランなど)のおかげかなー?


www.stbnikki.com
www.stbnikki.com
www.stbnikki.com


自分の中に例年のこの時期にはない力強さを感じました。
(一般的なロードレーサーの30%くらいの力だと思います)



もうすぐこどもの日。
農家の立派な鯉のぼりがアチラコチラに。


今シーズンのパンクはすべて、、、


いざ1つ目のヒルクライムに差し掛かろうかというところで振り返ると、遠くの方で一人止まっているではありませんか。




前回に引き続きササーキーのパンク。

www.stbnikki.com


今回は訳あって愛妻のフレームで参戦していましたが、ロードにステッカーベタベタな雰囲気も良かったです。


頂上で待ってる


某スキー場のセグメント。


ライド後にStravaを見ると過去二番目のタイムでしたが、PRはMASH Workのシングルフリーの記録。
シングルの方が速いことがしばしばなんですが、やはりギアがたくさんあってもダメって事なんでしょうか、、。
ロードのギア比には一考の余地がありそう。




North Wheelieのそこまで若くないヤングガンよりは先にゴールすることができましたが、気を抜くとすぐに抜かれそう。


その後のライド


帰り道もローテーションして走りたかったんですが、ヒルクライムやら前半の頑張りやらで徐々にたれてしましました。
この時点の走行距離は約100kmオーバー。


シーズン初めよりは段々と長い距離を乗れる様になってきましたが、だいたい毎回このくらいの距離を乗ると力が出なくなってきています。
継続して練習あるのみですね。


最後はとある周回コースのTTをやる予定でしたが、約二名がただゆっくりと走ることしか出来ないゾンビ状態に陥ったために軽めに周回して全員が帰路につきました。


さいごに


今回は総勢6名でのライドでしたが、やはりまとまった人数で走るのは楽しい!
そろそろNorth Wheelie全員集合ライドとかしたいですね~。


わたし個人でいえば冬場の自主練の効果が多少見えてきた様な感じで、正直ホッとしています。
北海道もそろそろレースがはじまりますが、このままで勝てるほど甘くないですよね。


今年の初戦はどこにしようかな?